メールアドレス    パスワード       パスワードを忘れた場合

システムの概要

構造説明

相互リンクプログラムはとてもわかりやすく、簡単な構造になっております。

あなた様のサイト内に設置した相互リンクプログラムが相互リンク先(サイトA,B,C,D)へ紹介文と共に宣伝リンクを張ります。

そして、紹介したサイト(サイトA,B,C,D)内に設置してあるプログラムより、あなた様のサイトへ紹介文込みで被リンクが張られます。

あなた様が相互リンクを行うかどうかの最終判断は手動で決定されます。
もし相手のサイトがリンクを拒否(削除)した場合は、こちらのプログラムにも表示されなくなり、自動的に相互リンク解消となります。

SEOを成功させる機能を搭載

SEOを成功させる為に、相互リンクFinalでは他の類似システムにはない便利機能を多数搭載しております。

5年以上、SEO最前線で活躍してきた実績をもとに制作しておりますので、細かいところにも手の届いた機能ばかりです。

すべてのページが静的URLでディレクトリ名は意味のある文字で表示

静的URL

ユーザー様に配布している相互リンクFinalプログラムは、すべてが静的URLで表示されるように作っておりますので、検索エンジンとの相性もばっちりです。

また、各カテゴリのURLは、下記の通り意味のある文字になっております。

例: http://○○○.com/linkfinal/internet/

これはGoogleガイドラインに記載されている

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法 (可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用) で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

参照 : http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=76329&topic=15261

に準じた形になります。

これにより、URL的にも検索エンジンにアピールできる形となり、検索エンジンと相性の良いサイト作りにつながります。

怪しいサイトは相互リンク拒否できる

登録拒否

相互リンクFinalのポリシーは「手動で行う相互リンク作業を、プログラムを使い自動で管理する」です。

つまり勝手に相互リンクされるリンクファームではなく、各ユーザーが納得した形で相互リンクをし合う事が出来る形を最大限に意識して作っております。

ゆえに、相互リンクしたくないサイトも出てくると思いますので、そういった場合は、承認受信時または承認後でも相互リンクを解除、拒否することができます。

もちろん解除、拒否された側も相互リンクは外されますので、お互いに不利益になるような事は一切ありません。

プログラムの不正利用サイトを管理

不正排除

ユーザーが増えるにつれて、残念ながら相互リンクFINALを不正に利用する方も現れます。

他の類似サイトを見ても、プログラムを削除していたり、インデックスされないように細工されていたり、実に様々な方法で不正利用されているのが現状です。

そこで、相互リンクファイナルでは、プログラムによる自動確認管理人の目視による不正利用確認と、ユーザーさまからの報告による3パターンの監視を行っております。

これにより、できる限りの不正利用を削除し、お互いに意味のある相互リンクを作れるネットワークを行う事ができます。

柔軟なサポート体制により、利用者第一のプログラム作りを目指しております

サポート

ユーザー様に配布しております相互リンクプログラムは、PHPで書かれたもので、各サーバー毎に柔軟に対応するようには作っておりますが、中には各サーバーの独自PHPの仕様で、どうしても設置ができない場合が存在します。

そこで、設置できない場合などありましたら、お問い合わせフォームからご連絡いただければ、できる限りのサポートをさせてもらいます。

もちろん、当システム自体のバグなどにも対応させてもらいます。

ユーザー様のサーバーに直接設置するプログラムですので、心配なこともあると思います。
何かありましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。